あなたは日焼け止めの正しい使い方を知っていますか?ちゃんとしたの使ってるから大丈夫と思ってる方危険です!今からでも遅くない。しっかり紫外線対策法を解説。

SPFとPAって?

SPF PA

日焼け止めを買うとよくパッケージに書かれているのをみかけますよね。

 

「実はちゃんとした意味知らなかった。」

「知ってるつもりで間違ってた」

なんてこともあるかもしれません。

 

日焼け止めを選ぶ基準として重要なので確認していきますね。

 

 

SPA

しみ・そばかすの原因となる紫外線(UVB)の防止能力を表しています。

数字が大きいほど紫外線を受けてから日焼けするまでの時間を遅らせる時間が伸びます。

 

SPF30なら30倍、SPF50なら50倍です。

あまり外出しないならSPF30でも大丈夫です。

長時間外出するならSPF50を選ぶようにしましょう。

 

PA

しわやたるみの原因になる紫外線(UVA)の防止能力を表しています。

強さが+の数で4段階まであります。

+、++、+++、++++の順に効果が高くなります。

 

日焼け止めのタイプ

日焼け止め 種類

クリーム、乳液、ジェル、スプレー、パウダーとそれぞれ特徴が異なります。

 

■クリーム

 

良い点:

他のタイプに比べて固めのテクスチャーで伸びにくい分、保湿力が高くてしっかりカバーできます。

レジャーなど長時間外出する時におすすめ。

 

悪い点:

カバー力が高い分落ちにくです。

また白浮きし易く、油分が多いのでニキビや肌荒れの原因になることもあります。

 

■乳液(ミルク)

 

良い点:

クリームより柔らかくて伸びがいいです。

ベタつきが苦手で乾燥しやすい人におすすめ。

比較的落としやすいので使い勝手がいいです。

 

悪い点:

クリームと同じで白浮きしたり、ニキビや肌荒れの原因になることがあります。

 

■ジェル

 

良い点:

さらっとしていて伸びがいいテクスチャーです。

ベタつきが苦手な人におすすめ。

全身に使いやすくて白浮きもしにくいです。

 

悪い点:

水や汗に弱い。

紫外線吸収剤が入ってると刺激が強くて肌荒れの原因になることもある。

 

■スプレー

 

良い点:

塗り直しや髪などさっと使えて、塗りにくい細かい部分にもおすすめです。

ベタつきも少なくさらっとした使い心地。

 

悪い点:

汗とか水で落ちやすく、カバー力が弱い。

ムラになりやすい。

 

■パウダー

 

良い点:

メイクの上から使えて化粧直しにも使える。

ベタつきがなくて白浮きしない。

 

悪い点:

カバー力が弱い。

落ちやすく、塗り直しも必要。

 

 

これらを参考にその日にどのくらいの時間紫外線を浴びるのか。

どの部分をカバーする必要があるのかなど

シーンごとに合わせて日焼け止めを使い分けしましょう。

 

日焼け止めの使い方

 

塗り方の動画も参考にしてみるとわかりやすいと思います!

 

塗るタイミング

朝は忙しいからと出かける直前に塗ってから外出なんてことありませんか?

紫外線はガラスを通過してしまうため自宅にいても肌へのダメージを与えてしまいます。

朝洗顔して保湿した後に一緒に使ってしまうのがおすすめです。

 

まず日焼け止めを塗る前にしっかり保湿することが大事です。

※肌が乾燥していると皮脂のバランスが崩れてしまいます。

 

顔・首

手のひらですり合わせて塗るとしっかり塗ることができません。

 

1. 適量(1円硬貨くらい)を5か所(額、両頬、鼻、顎)に置く。

2. 指全体を使って顔全体にのばします。

3. 塗り残しのないようにもう1度同量とって重ねづけします。

4. 首は10円玉硬貨くらいを数カ所に置いて下から上に向かってのばしていきます。

 

体に沿って線上にたっぷりと出します。

手のひらで楕円状に塗り広げます。

 

 

※塗り残し注意な場所

生え際、眉間、小鼻のわき、フェイスライン、首の後ろ、手や足の甲、膝の裏

 

 

ベタつくのが嫌だからといって使う量を少なくしてしまうとちゃんとした紫外線ブロックの効果が得られなくなってしまいます。

 

適量でしっかりカバーしつつ塗り残しのないようにすみずみまで塗り広げるようにするのがおすすめです。

 

おすすめ商品

 

■クリーム


RMK UVフェイスプロテクター50 SPF50+/PA++++ 50g

乾燥する方にしっとりでのびのいいクリーム。

化粧水と乳液を足したような使い心地で白浮きもしにくく使いやすい商品。

 

■ミルク

アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク SPF50+/PA++++ 60mL

国内外問わず人気の商品。

汗や水にとても強く、海など長時間紫外線にさらされるときにおすすめです。

 

 

■ジェル

アリィー エクストラUVジェル 90g 日焼け止め SPF50+/PA++++

こちらも年齢問わず人気の高い商品です。

みずみずしくて塗りやすい分ブロック効果や落ちやすさが難点のジェルタイプですが、その欠点を補うように作られています。

汗・水に強いのに加えて摩擦にも強いダブルプルーフが魅力♡

 

■スプレー


La Roche-Posay(ラロッシュポゼ) 【敏感肌用*日やけ止めスプレー】UVイデア XL プロテクションミスト SPF50/PA++++ 50g

使い心地の良さ抜群!

メイクの上から、仕上げや塗り直しならこれ。

 

■パウダー


トランシーノ 薬用UVパウダー 12g SPF50 PA++++

肌荒れ防止成分、低刺激性、無香料の肌への優しさを考えられた商品。

さらふわな使い心地でしっかりカバーのおすすめ品です。

 

まとめ

日焼け止め 塗り方

いかがでしたか?

日焼け止めはとりあえず塗っておけば大丈夫って方。

ちゃんとしている人と数年後には肌の綺麗さに差がついちゃうなんてこともあるかも。

 

せっかくの良商品も使い方を間違えていると効果が十分に得られないこともあります。

またシーンごとで使い分けをすることも大切です。

 

紫外線の量が多いのは5〜8月くらいなので特に要注意ですよ〜。

 

ぜひ今回紹介した使い方と商品試してみてくださいね!

 

 

おすすめの記事