PCやスマホの見過ぎで体がガチガチに固まっていませんか?
疲れや肩コリは美容の天敵!

そんなあなたをレスキューする「アルニカオイル」とは??




アルニカオイルとは

オイル
「アルニカ」は山岳地帯に咲く、黄色い花のこと。
見た目はかわいい花ですが、山岳という厳しい気候の中で生息できるほどの強さを持っています

そのアルニカから作られるのが、アルニカオイルです。

アルニカオイルに含まれている成分

アルニカの効果は昔から知られていて、ヨーロッパでは薬草などとして使われていたほど!
150種類ほどある有効成分の中で、注目してほしいのは「ケイ酸」です。

「ケイ酸」は、打撲キズや打ち身などによってダメージを受けた皮膚の再生に有効と言われています。
そのため、昔から通風やリウマチなどにアルニカが使われました。

皮膚の再生に加えて、血行促進効果や鎮痛効果などもあるんです♪

ただ、アルニカオイルは成分に毒性があるため、口に入れないこと、アレルギーがないかを確認することが必須です><

アルニカオイルの効果

先ほど、皮膚の再生効果などをお伝えしましが、もっと具体的な効果は以下のとおりです。

・筋肉をほぐす
・むくみを解消する
・バストアップを手助けしてくれる

筋肉をほぐす

ジム
アルニカオイルは、硬くなってしまった筋肉をほぐしてくれます。
そのため、スポーツ後にはった筋肉だけでなく、日常的にこっている筋肉もやわらかくしてくれるんです!

また、スポーツをする前にアルニカオイルを使うと、いい感じに筋肉がほぐれるので、いつも以上のパフォーマンスを出せちゃうかも!??

むくみを解消する

むくみ
アルニカオイルは、血行をよくしてくれます。
「1日中歩きっぱなし、座りっぱなしで足がパンパンっ!」という時は、足の指から順に太ももまでマッサージするとむくみを和らげてくれます!

バストアップを手助けしてくれる

バスト
猫背やデスクワークなどで、つい前かがみになりがちな人は、胸まわりの血行も悪くなりがち・・・。
血行の悪さが胸の垂れる原因になっちゃうんです><

アルニカオイルで胸のまわりをマッサージすると、血行もよくなり、垂れるのを防いでくれます!




アルニカオイルの使い方

アルニカオイルを一番効果的に使うポイントは3つです!

お風呂上りにマッサージをすること

お風呂上り

オイルマッサージは血行がよくなった、入浴後に行うのが効果的!!

マッサージというと、しっかりもみながらすることが多いんですが、アルニカオイルはお肌への浸透がよいので、ただ塗るだけでも効果を実感できる可能性があります^^

もちろんマッサージをすればその分高い効果を得ることができるので、その日の疲れ具合によってやり方を変えるのもありですね!

マッサージ後にお肌のベタつきが気になる方は、シャワーで軽く流すことをおススメします~。

アルニカオイルを使う前に温めること

手を合わせる
アルニカオイルに関わらずですが、オイルは使う前に温めることでお肌への浸透がよくなります
なので、アルニカオイルを一度手のひらに出して、しっかり温めてから使いましょう!

期限内に使いきること

棚
アルニカオイルは酸化しにくいと言われていますが、なるべく早めに使いきるのがベター。
封を開けた後は、直射日光を避けて、涼しいところに保管しましょう。




アルニカオイルの口コミは?

いいものだとわかっていても、ついつい口コミを気にしてしまう人・・・わたしです笑
Twitterでの口コミをご紹介~!

毎日疲れて、何もできずにベッドへ直行・・・><
そんな疲れをなんとかしたいって思っているなら、「アルニカオイル」を試してみて!

塗るだけで効果が実感できるなら、ズボラなわたしもできるかも・・・!!

おすすめの記事